家庭での毛染めケープ選びについて

女性はオシャレに気を遣い、美容院に通ってカラーリングする方は多くいます。
年齢が上がってくるにつれて白髪も出てくると、普段のカラーリングのように頻繁に美容院に通うわけにはいかなくなってきます。
自宅でセルフカラーリングをする際には浴室でする方もいますが、冬場など寒い時期には難しいですし放置時間を有効に使いたいものです。

そこで気になるのは、アウトバスでも薬剤が衣服につかないよう安心して毛染めができる方法で、美容院のように、髪全体を見渡せるような鏡もありませんので、薬剤が飛び散らないよう、たれないように気を遣わなければなりません。

また、洗い流す際に衣服につかないよう、前開きの衣服を着るのが前提ですが、その衣服をガードするケープ選びも重要になってきます。

マジックテープ式で着脱簡単なものと、セットで耳キャップもついているものがあり、特に背中部分は見えないので、肩から背中までしっかりカバーしてくれるものが良いでしょう。

また、100円ショップで売られているワイヤー入りの散髪ケープは裾が折り返せるので、薬剤が床にたれる心配もなく便利であると評判です。
手軽な使い捨てタイプとは別に、生地がしっかりしていて洗って長く使えるセラミックタイプのものもあります。

セラミックは冬暖かくて良いという意見もあり、値段は1600円ぐらいですが、長く使えることを考えればお得でしょう。

後片付けなどを考慮しながら最適な毛染めケープを選びしっかり準備してから行えば、失敗することなく染められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ