毛染めの特性を知り赤でイメージチェンジ

最近では、美容院等で染めるよりも費用の掛からない自宅カラーリングが人気です。
毛染めの種類はヘアカラーとヘアマニキュア、ブリーチ、一時染めの4種類に分かれており、ヘアカラーは色素を髪の内部に定着させて、赤系や青系の他にオレンジ系など好みの色味を表現することが可能になり、3カ月程度効果が持続します。
ヘアマニキュアは毛髪の内側まで染めてくれるものではないため髪などへの影響は少なく、コーティング効果があるので艷やかな髪になり、カラーリングの効果は1カ月程度です。

その他にブリーチがありますが、これは髪本来の色を抜いていく方法で、一時染めは染めたい部分だけ行うのに適していますが、シャンプー等で色落ちします。

イメージを変えるには明るい色がお勧めで、肌の色や持っている洋服の色合いにも合わせたいものです。
一般的には茶系が多いのですが、ありきたりなのは否めません。

そこで赤系をお勧めします。
赤のイメージは、薔薇、りんご、イチゴ、血液等が思いつきますが、温かいイメージや、情熱の色とも言われています。

髪色にはどうなのかと不安に思う方もいるでしょうが赤にも種類が色々あり、求める仕上がり度合いにもよりますが、意外に落ち着いています。
染め方によっては、日の光に当たると色味がわかる程度に仕上げる事も出来ますし、部分的に染めれば仕上がりのイメージも変わります。

今まで赤色にしたことが無かった人も、新たな自分の発見にチャレンジしてみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ