黒酢のダイエット効果を高める酢酸の働き

お酢はダイエット効果があることでも知られている健康食品で、体重を落とす時や、身体をしぼりたい時に不足しがちなビタミンやミネラル、鉄分なども手軽に摂取することができるうえに、脂肪燃焼に必要な基礎代謝を上げることもできます。
中でも黒酢には、主成分の酢酸が豊富に含まれており、この酢酸によってダイエットの効果が非常に高まることでも知られています。

黒酢の主成分の酢酸には3つのダイエット効果があります。
まず1つ目が、クエン酸サイクルという身体に貯まった余分な脂肪を燃焼させる働きです。

この働きにより、脂肪が燃えやすくなります。
次に、必須アミノ酸の中でもリジン、プロリン、アラニン、アルギニンは体の脂肪の燃焼を助けてくれる成分です。

この働きにより、脂肪蓄積を抑制してくれ、年配の方に多い皮下脂肪など、いわゆるメタボにも有効に作用します。
そして、代謝が悪くなると女性の方に多くなるむくみの解消です。

女性の場合、足や顔、指などにむくみが出てきてしまいますが、お酢はむくみも解消してくれます。
実際に、毎日お酢を摂取した実験では、内臓脂肪や皮下脂肪が減少したことも実証されていますし、その後の脂肪の蓄積も抑制されています。

黒酢には様々な種類があり、市販されている液状タイプのものでは味にバリエーションがあり、玄米から作られたタイプや、ブルーベリー、バナナなどのエキスが配合されているもの、手軽に錠剤になっているものなど、好みに合わせて選択することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:黒酢

このページの先頭へ