アミノ酸とクエン酸の優れた相乗効果で健康増進させる梅肉黒酢

日本人の食生活の欧米化により肉食が多くなり、体が酸化して自然治癒力が弱まったため、体がだるくて疲れやすい、ちょっとした病気でもなかなか治りにくい傾向が出てきたことを、しばしば耳にすることがあります。
そんな健康への不安を背景に、近年、梅肉黒酢サプリメントが注目を集めています。

このサプリは、健康酢として名高い黒酢に、梅の成分を凝縮した梅肉エキスを加えた健康食品です。
黒酢と梅は、すでに日本の食文化に健康食材として定着しており、伝統的な民間薬としても知られています。

黒酢には、三大栄養素であるタンパク質を作るために必要な多種類の必須アミノ酸がバランス良く豊富に含まれています。
これは、筋肉や神経伝達物質と深く関係して、免疫力サポートや脂肪燃焼、疲労回復や集中力サポートなど健康維持に欠かせない栄養素です。

また、青梅の梅肉を煮詰めた梅肉エキスには、クエン酸をはじめ、赤血球を活性化させるムメフラールが含まれており、それはさらにクエン酸との相乗効果により脂肪をつきにくくする等の健康維持に有効な働きが知られています。

クエン酸自体にも、体内の酸性物質と結合し、クエン酸サイクルとして知られる活動によりエネルギーが生み出され、疲労回復の効果が知られており、疲れた時には酸っぱい物が良いといわれる生活の知恵は、このクエン酸の働きによるものです。

このような伝統の貴重な有効成分が入った梅肉黒酢は日本人の体質に合うもので、その健康への効果に多くの注目が集まっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:黒酢

このページの先頭へ