黒酢料理のレシピはたくさんあります

黒酢は通常の酢と違って色が黒く、最初に見た時、驚いた人も多いのではないでしょうか。
鹿児島県でおよそ200年前から作られ続けてきたもので、現在でも、蒸した玄米と麹、水を壺に入れて1年から3年の年月をかけて熟成させる独自の製法を守り続けています。
健康ブームの到来で他の県でも生産されるようになりましたが、農林水産省にて表示基準のJAS規格が設定され、品質が保たれています。

疲労回復によく効くクエン酸、ダイエットに効果的と言われるアミノ酸、そして、コハク酸や有機酸、ビタミンやミネラルが豊富に含まれるなど栄養価がとても高い為、健康志向の人の心を鷲掴みにして人気商品のトップの座に躍り出ました。

1日に摂取する量は大さじ2杯分ですが、飲もうとしても10倍から20倍ほど薄めなくてはならないので、料理に使用するのが最適です。

酢を販売しているメーカーやレシピサイトにたくさん載っている調理法を参考にすると、毎日違ったメニューを食卓にのせられるだけでなく、1日の適正量を意識して摂取できるでしょう。

簡単なものでは、黒豆をフライパンで炒って瓶に詰め、ひたひたになる位まで黒酢を入れて保存する方法で、ホクホク食感の豆と時間を置いたまろやかな風味の酢のコンビネーションが抜群です。

他にも、焼きそばの仕上げに回しかけるのもお勧めで、酸味の効いたいつもと違う味は食欲をそそるでしょう。

酢の物や酢豚、唐揚げのあんかけやサラダのドレッシングなど使い方は多様にあり、今まで使用してきた酢の代わりに黒酢を用いるだけで摂取できる栄養素が増えるので、公開されているレシピはもちろん、オリジナルのメニューも作って楽しみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:黒酢

このページの先頭へ