黒酢の効果とおいしい飲み方

黒酢とは、玄米または大麦を1年から3年かけて陶器のツボに入れて発酵・熟成させた酢のことを言い、琥珀色で鼻につく酢特有のツンとした匂いがありません。
黒酢独特の風味と高い栄養価があり、天然のアミノ酸や有機酸、クエン酸、コハク酸、ビタミンやミネラルなどの高い栄養価があります。
新陳代謝を促進し、血流を良くして血栓ができにくくする効果や、血糖値の上昇を抑えて血圧を正常化し、コレステロールや中性脂肪を減らして肝機能を正常化させるなど、健康管理にも効果が期待できます。

昨今の健康ブームにより沢山の種類が見られるようになりましたが、もともとは鹿児島県姶良郡福山町で江戸時代後期から独自の製法で作られていました。

製法や品質のバラつきが出てきた為、農林水産省により黒酢の表示基準にJAS規格が設定されて品質が保たれています。
黒酢は、一日に大さじ1から2を目安にして摂取すると良いとされています。

原液のままでは胃への刺激が強いので、空腹時を避けて水などで薄めて飲むのが一般的な飲み方です。
また、水で薄める飲み方だけでなく、牛乳とはちみつを合わせたり、オレンジジュースと合わせると飲みやすくなります。

合わせるものを変えることで長く飲み続けることができるので、自分に合った飲み方を探すのも良いでしょう。
その他に、アイスクリームにかけて食べるのも味の変化を楽しめるのでお勧めです。

最近はサプリメントも販売されているので、液体は苦手という方はそちらを試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:黒酢

このページの先頭へ