共済と自動車保険の比較方法

自動車保険には自賠責保険と任意保険がありますが、民間の任意保険については通販型の保険が大変人気を得ています。
各保険会社ではそれぞれ独自のサービスや保証内容を売りとしていますが、年齢や事故歴で保険料の割引が行われることは、ほとんどの保険会社に共通しています。

このような制度では自分や家族の運転する場合は、一番若い運転者の年齢に保険の範囲を設定する必要があります。
さらに自動車免許証の色によって保険料の割引が行われる場合もあり、安全運転が結果的に保険料の節約につながることになります。

しかし、こちらがいくら注意しても相手の不注意で事故に巻き込まれる可能性は考えられますので、保険に入っておくことは安心を買うことと同じことなのです。

保険に入っていれば、事故相手との連絡や保証内容について保険会社が代行してくれることもありますので、手間が省ける他、トラブルを避けることが出来ます。
このように大変便利な保険ですが、同じような制度に共済制度が挙げられます。

この制度は保険とは根拠法が異なることから、全く別のものと考えられますが、実際に受けるサービスは保険と同等のものが多いため、保険の代わりに加入する人も多くいます。

この制度では民間会社の変わりに認可を受けた団体が自動車などの事故について保証を行うことになりますが、無認可の団体が保証団体となっている場合は注意が必要です。

無認可団体の場合は財務状況などについて外部からの監視が行われにくい場合があるので、実際の保証を受ける前に団体が破綻してしまうケースも存在します。

民間の保険の場合は他の保険会社が保証内容を受け継ぐことが一般的ですが、共済についてはそのような制度が無い場合もあります。
このように一見同じような制度に見える保険と共済は全く違うものとして比較することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ