バイクに自動車保険は必要です。

今、自動車の保険はさまざまな選択肢があります。
保険会社も多様化され、インターネットで加入できる海外の自動車保険も増えています。
乗用車の自動車保険の加入率は、7割から8割と大体の方が加入されていますが、バイクの保険の加入率はとても低く、3割から4割しか加入されていないといわれています。

これは、とても危惧すべきことだと思います。
見るからにバイクのほうが自動車よりも交通事故にあう確率、事故にあったときの被害が大きいと判断できますし、実際に交通事故の死亡率も自動車を上回っています。

そして被害者に支払う額は自賠責保険では賄えません。
また、自分自身の怪我の保障も自賠責からはでません。

任意保険に加入しないで、公道を走行するのはとてもリスクが高いことなのです。
バイク保険で必ずつけておきたいのは対人対物賠償保険で、賠償額は無制限でつけるべきです。

これは、万が一のことを考えると当然で、被害者を死亡させてしまった場合、何億円と請求されるケースも稀ではありません。
加えて搭乗者傷害保険もつけておきたいです。

自分自身の怪我、一緒に乗っていた人の怪我で保険が降りないのはとても苦しいことで、場合によっては会社などを休まなければいけないときもあるからです。

月の支払いに余裕があるなら、弁護士費用を補償してくれる特約もつけておくべきで、自分の傷害に対しても、被害者への賠償に対しても弁護士はとても心強いものになります。
費用を補償してもらえるなら依頼しやすいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ