自動車保険料に関係する年間走行距離

自動車保険の保険料は、免許証の色や年齢、自動車に付けられている安全装置などの条件によって一定の割引を受けられる制度をそれぞれの保険会社が導入しています。
割引制度を上手く活用することで大幅に保険料を安くできるようになります。

まず保険料に関係するものに年間走行距離というものがあり、保険会社の広告などで「走る距離が少ないほどお得になります」などの文言を見聞きすることが多いです。

保険料はその人がどの程度事故に遭う危険性があるのかリスクを分けることにより決められていますが、年間走行数が少なければ事故に合う危険性が低いと判断されて保険料が安くなり、多ければ事故に遭う危険性が高いと判断されて保険料が上がります。

どのくらい走るのかは保険会社が個別に調べてくれるのではなく、新規契約時や契約更新時に自己申告することになります。
保険会社により3000㎞以下や5000㎞以下などの選択肢を選択するだけで簡単に申告することができます。

自己申告により保険会社から調べられることはありませんが、申告した数字と本当の数字に大きな差がある場合には嘘の申告と判断され、いざという事故の時に保険金の請求をしても保険金が下りなくなってしまいます。

また更新時に追加で保険料を支払う事態に陥りかねません。
事前に申告していた数字よりも多くなってしまう場合には、契約会社に速やかに申告しなおして契約の変更を行うえば補償も受けられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ