自動車保険を短期で使いたい場合には

友人や知人から短期間だけ自動車を借りて運転する場合には、借りている自動車で万が一事故を起こしたり、事故に遭った場合に備えて自動車保険に加入しておきたいものです。
一般的に自動車保険は1年ごとに更新していくものですから、短期間だけでも保険に加入しておきたい場合にはどのようにすれば良いのでしょうか。

1つ目の方法に、自動車の所有者の保険を一時的に借りるという方法があります。
この方法が一番簡単な方法ですが、所有者の保険に本人限定や夫婦限定などの限定条件がある場合には、一時的にその条件を外してもらわなければなりません。

保険料が高くなってしまうので、その差額を支払うことで貸してもらえるようにします。
この方法で事故を起こして保険金の請求をした場合には、翌年から保険料が上がることになるので注意が必要です。

2つ目の方法に、ドライバー保険に加入するという方法が挙げられます。
自動車を保有していない人が他人の自動車を運転するために使う保険ですが、車両保険がつけられていないことを理解しておきましょう。

3つ目の方法に、借主が自分で自動車保険に加入している場合には他車運転危険担保特約という特約をつける方法が存在します。
この特約は、保険の契約をしている人が自分で運転している他の人の自動車を契約している自動車とみなして補償を受けることができる保険です。

4つ目の方法に、1年間で契約する保険を月払いにして1か月で解約する方法があり、短期でも日割りにすることはできないので、1年契約の月払いにして1か月で解約する方法を取ることになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ