東京海上日動の自動車保険で安心して運転を

自動車を運転する時には細心の注意が必要です。
しかし事故はいつ遭遇してしまうか分からないものの為、万が一の時の事を考えて自動車保険に加入するようになります。
自動車保険は大きく2種類に分けられます。

まず、強制保険とも呼ばれている自賠責保険です。
この自賠責保険は、全ての車やバイク、原動機付自転車を運転する際に必ず加入しておかなければいけない自動車保険となっています。

自賠責保険の加入については、自動車損害賠償保障法と言う法律でも定められており、加入していない場合には厳しい罰則が科せられます。
次に、任意保険です。
任意保険とはその言葉の通り、加入するかしないかを自分で決める事が出来る保険です。

加入が義務付けられている自賠責保険では、もし事故を起こしてしまった時に被害者に対しての賠償金額が不足する場合が多い為、任意保険に加入して万が一に備えると言う方がほとんどではないでしょうか。

このような自動車保険を取り扱っている会社は沢山ありますが、その中でも有名な会社に東京海上があります。
東京海上日動火災保険株式会社は、日本の損害保険会社の1つです。

2004年に東京海上火災と日動火災海上が合併し、現在の会社に移行されました。
東京海上日動では、賠償、自分自身、車に対してなど3つの基本補償が用意されています。

その上で、万が一の事故の備えとして、弁護士費用特約や入院時に選ぶ事が出来るアシスト特約、車の搬送時に選ぶ事が出来る特約などの基本特約などのお薦め商品など、私達が安心して車の運転が出来る最高の環境が用意されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ