損保ジャパン自動車保険の慌てない事故対処法

思いもしなかった交通事故がもし起きてしまった時、どのようにすればよいのか、事故が起きても慌てないためにも対処法を知っておくことは大切です。
損保ジャパン自動車保険では、事故が起きてしまったら、まず第一に人命の救助、ケガ人の救助をします。
どんなに軽いケガの場合でも、病院まで行くことを勧めています。

負傷者のケガの状態や様子をみて、緊急を要する場合には即、救急車を呼びます。
他の車の走行や進行を妨げないように、邪魔にならないことを考え、車が動くときは安全な場所へ移動して、車を止めます。

路上の危険防止のため、非常点滅灯や、停止していることを知らせるために停止表示機材を置いて安全を確保しましょう。
自動車が事故や故障で動かなくなってしまったら、ロードアシスタンスを利用します。

ロードアシスタンスは、契約期間中であれば何回利用しても大丈夫です。
人命救助をし、安全な場所へ車を移動したら、警察に通報し、連絡をします。

その際、知っている事実を詳細に話すことが大事で、事故の場所、時間、事故の状況、ケガ人の有無など、現状を伝えましょう。
警察への通報が終わりましたら、事故発生直後に、速やかにフリーダイヤル事故サポートデスクへ電話で連絡をします。

こちらは24時間、365日事故受付で、初期対応をしています。
耳が聞こえない方や、言葉を話すことが不自由な方は、FAXで連絡をします。
事故現場で示談は行わないようにしましょう。

相手の人から何か、その場で金銭などの請求を受けた時は、「損保ジャパン自動車保険と相談してから後ほど連絡をします」と忘れずに伝えるようにします。

スタッフが責任を持って対応し、サポートしてくれるので安心です。
上記のことを知っているだけで、慌てることなく冷静に行動できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ