おすすめできる自動車保険とはどういったものか?

近年、保険会社は増えています。
保険の内容もさまざまあり、いったいどの保険が良いのかと迷った場合は、まずネットで一括で見積もりを取ることをおすすめします。
車種や契約する年齢など、いろいろな条件によって保険料が違いますので、一括請求できるサイトで車種や運転する人、契約者の情報、補償の内容を入力します。

すると、自分にマッチした保険を数十社から比較することができます。
そして、自動車保険を契約する際に補償項目に入っていたほうが良いものを挙げると、(1)対人:無制限(2)対物:無制限(3)車両保険:自損事故や飛び石も補償される(4)人身傷害保険:5000万円以上もしくは無制限です。

自動車事故は相手のあることが多いですから、しっかりした保険をかけておきましょう。
ロードサービスや弁護士費用の保障についても、余裕があるならばつけておくことをおすすめします。

保険の種類には、代理店型と通販型があります。
代理店型は、保険の知識がなくても自動車保険のプロに希望をする要項を伝えると、その話を元に補償の内容を考え、プランを作ってくれます。

知識がない中、自分で補償の内容を選ぶと不十分になってしまう場合があるので注意が必要ですが、代理店型はそういった心配がないので安心して任せられます。

ただし、その分仲介料が入ってしまうので割高になります。
通販型というのは、代理店を仲介せず、直接自動車保険会社に申し込む方法です。

代理店を介していないので、その分保険料が安くなります。
保険料の安さはとても魅力的ですが、保険の内容を相談することができず、自己責任で選ぶことになるので注意が必要です。

上記のような内容や保険の型の違いを踏まえた上で、自分に合った保険を選ぶようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ