自動車保険における任意保険について

自動車保険の中には、車を購入した時に強制に加入する保険と任意に加入する保険があります。
強制加入の保険は、人身事故を起こした時に加入している強制保険で、事故の治療費を支払うものです。
しかし、重度の事故で治療が長期間になったり死亡事故になりますと、強制加入の保険では金額的に対応できませんので、任意保険を利用します。
任意ですので、加入するしないは個人の選択なのですが、現実的には、車を購入したほとんどの人が加入しています。

任意保険には、人身事故を起こした時のための対人賠償保険と、自分の車を壊した時の修理のための車両保険、そして、事故相手の車や壁などを直すための対物保険があります。

これが大きなものですが、対物保険は電車との接触した時の損害を考ると結構金額は大きな額になりますし、対人保険ですと、死亡事故や重度の後遺症などのためにも、金額が無制限の保険に加入する人が多いです。

他にも、任意保険にはロードサービスなども含まれていたり、車で外出していた時に被害を受けた荷物を全て補償してくれるものもありますし、相手が支払う前に一時的に保険金額を立て替えてくれるオプションがあります。

近年、自動車保険も規制緩和され、いろんなことができるようになりました。

既存の保険会社ではなく、インターネットから加入することで低価格に加入して補償は同じというものもあり、サービス合戦が激しさを増しています。

保険に加入するならば、複数の会社に見積もりをすると比較しやすく、その違いが分かるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ