自動車保険に加入する際に三井ダイレクトを選ぶ利点

自動車保険を取り扱う保険会社は、以前と比べると、かなり増えています。
その背景には、ネット通販型の自動車保険が主流になりつつあり、注目を浴びていることにあります。
これまでの保険では、大手保険会社や代理店の担当者が受付を行い、大抵は1年満期の契約ですので、毎年の更新日時が近くなると、手続きに関する連絡が保険会社から来ることが一般的でした。

現在普及が進んでいるネット通販型の自動車保険では、基本的に自らがインターネットを介して申し込みを行い、必要書類などを最低限に抑えることによって低価格が実現されています。

数多く存在している保険会社の中でも、三井ダイレクトを利用することでメリットがあります。

それは、複数の保険会社からの見積りを一括して請求することができるインターネットサイトを利用した場合、例えば初年度登録日から大きく年月が経過してしまった自動車などでは、車両保険付きでは見積りが取れないことがあります。

逆に、車両保険を必要としない方では、価格やサービス内容、そして企業イメージなどによって自由に選択することが望ましいです。

しかし、旧車にて車両保険を付けたいという場合では、三井ダイレクトでは大抵の場合で見積りをもらうことができます。

実際には他の保険会社であっても同様に加入することは出来ますが、その場合は見積りサイトの利用ではなく、直接保険会社に連絡を入れて加入することを前提としています。

車両保険を付帯すると保険料が上がりますが、三井ダイレクトを利用することによって、比較的格安での加入が実現できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ