年齢で変化する自動車保険の金額

自分は安全運転を心がけていると自負していても、いつ、誰が、どこで、どのように巻き込んだり、あるいは巻き込まれてしまうかわからないのが自動車事故です。
万一に備えて、確かな補償が受けられるよう保険選びは入念に行いましょう。
自動車保険には2種類あり、ひとつは自動車を使用される際に強制的に契約が義務付けられている自賠責保険と、もうひとつは任意で加入できる自動車保険です。

自賠責保険は最低限の補償しか支払われないので、事故内容によっては満足な補償が受けられなかったり、あるいは、まったくゼロというケースもあります。

したがって任意ではありますが、それを補うための自動車保険に加入することをおすすめします。
自動車事故にはメカニズムがあり、年齢が低い時ほど事故を起こしやすいということがあります。

そのため、自動車保険も年齢によって保険料に差を設けているものがほとんどです。

一般に21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上などと年齢制限無しとがあり、年齢制限無しが最も高く、ついで21歳以上、26歳以上と、年齢順に保険料が次第に安くなっています。

ところで、自動車保険は、一度加入したら変更が出来ないと考えていませんか。
実はそうではなく、ある一定の期間さえ過ぎればいつでも変更ができるのです。

節目節目の誕生日を迎えたときは、ぜひ保険内容の変更を行い、お得な支払額に変更することをお勧めします。
適正な金額で賢く運用し、万一に備えた楽しいドライブをバックアップしてもらうようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ