自動車保険料にかかわる年齢条件

どのような会社から出されている自動車保険であっても、年齢を制限をすることにより保険料を抑えることができる割引制度がとられています。
年齢条件を事前に設定しておくことで保険料を節約できるようになっており、逆に年齢条件に当てはまらない人がその自動車を運転して事故となった場合には補償が受けられないので、同居の家族複数人で同じ自動車を運転する場合には、若い人の年齢に合わせて保険を組み立てる必要があります。

一般的に年齢条件は、生命保険でも保険料を決めるために使われますが、自動車保険では生命保険とは違い、若ければ保険料が安くなるというものではありません。

運転者の年齢が若ければ若いほど事故を起こすリスクが高いので、その分保険料が高く設定されています。

もちろん、ゴールド免許や運転の機会なども保険料にかかわる条件ですが、年齢は保険料に大きな違いをもたらします。

一般的な年齢区分としては、全年齢担保(18歳以上の運転者を補償)・21歳未満不担保(21歳以上の運転者を補償)・26歳未満不担保(26歳以上の運転者を補償)・30歳未満不担保(30歳以上の運転者を補償)・35歳未満不担保(35歳以上の運転者を補償)となっています。

年齢区分は保険会社により取られている方法には違いがあり、30歳未満不担保までしか設定のない会社もあります。

保険料が大幅に変わってくるので、他社で見積もりをしてみると年齢条件をフルに保険料に活かすことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ