自動車保険の種類と内容について

世の中には様々な保険がありますが、自動車保険もその一つです。
これは、交通事故の治療費や車の修理代などを保険プランに沿って保険会社が支払ってくれるものですが、大きくは強制保険と任意保険の2種類あります。
まず強制保険は自賠責保険とも呼ばれ、自動車やバイク、原付自転車を運転する際に必ず加入しておく必要があり、未加入の場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、加えて、違反点数が6点と厳しく罰せられます。

一方、任意保険は名前の通り、加入するかどうかは各々の自由となりますが、自賠責保険のみでは、事故を起こした際に被害者への賠償金額を補いきれない場合が多いため、一般的には加入する人が殆どです。

例えば、交通事故で被害者に重い後遺傷害を負わせてしまうようなケースにおいては、賠償金額も1億円や2億円と非常に高額になり、そのようなことを想定すると、最高限度額が3千万円である自賠責保険の賠償金だけでは到底足りません。

その足りない分を補ってくれるのが任意保険で、この保険は自賠責保険では補償されない物に対する修理代や自分自身の怪我への対応も可能です。

任意保険を詳しく見ると、賠償責任保険、傷害保険、車両保険に分類されており、賠償責任保険は事故の際の相手の人や物に対して支払われるもので、対人賠償と対物賠償があります。

そして、傷害保険は自分や同乗者に対して支払われ、搭乗者傷害、自損事故、無保険車障害、人身傷害補償の4つがあり、自分の車に対して支払われるのは車両保険のみです。

大抵はこれらが組み合わされて各保険会社から発売されており、各々には特約などもあるので、自分に最も適した内容で自動車保険を契約することが大切と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ