自動車保険のうち車両保険が必要な人の例

自動車を購入した場合、自動車保険のうち対人や対物の賠償保険には必ず入りますが、自分の車の損害を補償してもらえる車両保険に対しては、必要性を感じる人とそうでない人がいます。
新車で購入した場合は入る人が多いものの、中古車で安く車を購入した人は、補償される金額に比べて保険料が割高になってしまったり、直すよりも再度購入した方が得だったりと、メリットが少ない傾向があります。

しかし、逆の例では、500万円の車で事故を起こした場合、大きな金額の修理代を自己負担しなくてはならない為、加入しておいた方が良いと言えるでしょう。

一般車両保険は、契約している車が損害を受けた場合のほとんどのケースに対応する物で、交通事故で当て逃げされたり、車庫入れの際に車を傷付けてしまったりといった場合の他、車の盗難やボディへの落書き、他人の自動車との接触、火災や爆発なども対象となります。

フルカバーが可能な分保険料は割高の傾向がありますが、どんな傷にも対応してくれるので、初心者や高齢者は安心して運転ができます。

対して、「車対車+A」は運転に自信がある人向けで、当て逃げや単独事故は対象とならないものの、災害やいたずら、接触は保証してもらえます。

自損事故が対象外な分保険料を抑えることができるので、運転に慣れている若い世代から中年以降の方にお勧めです。

また、台風や竜巻は保証されても地震や噴火、津波による損害は対象外となるのが一般的ですが、通常の車両保険に車両全損時一時金特約を付帯すると一時金が支払われる保険会社もあるので、そういった点も含めて、自動車保険はよく調べてから加入するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ