自動車保険料と保険会社の選択について

自動車保険料は、自賠責保険と任意保険の2種類に大きく分かれます。
自賠責保険は自動車やバイク、原動機付自転車を運転する場合には絶対に加入しなければならない保険で、自動車損害賠償保障法で定められています。
万が一自賠責保険に加入していない場合は厳しい罰則があるので、必ず加入しましょう。

任意保険はその名の通り、加入する・しないは各人それぞれが自由に決められる保険ですが、万が一事故を起こした際に、自賠責保険だけでは被害者への賠償金額が不足する場合が多い為、任意保険にも加入するのが一般的です。

自動車保険は、年齢が若かったり等級が小さい場合にはかなり割高になってしまいますが、支払いが大変だからと言って保険を辞める訳にはいきません。

現在は、安さを売りにしたダイレクト型自動車保険も普及して商品の特徴も様々になり、加入窓口も多様化しています。

とは言え、選択肢が沢山ある事すら知らない人はまだまだ多く存在し、また、知っていてもどう選べば良いか自分で考えるのは難しいものです。

例えば、年間走行距離が少ない人は自動車保険料が安くなる会社や、事故現場に駆けつけてくれるサービスを用意している会社、ロードサービスが充実した会社などバラエティに富んでいるので、どれが自分に相応しいか迷ってしまうでしょう。

そこで、ダイレクト型自動車保険を選ぶ際は一括見積もりが便利で、条件を全く同じにして比較する事は出来ませんが、検討するのに充分参考になるので、目ぼしい会社を見つけたら、各保険会社で個別に見積もりを出して貰う方法をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ