自動車保険の料金を見直す提案

2014年4月から消費税率は5%から8%に引き上げられ、増税前の駆け込み需要や増税後の買い控えなど、少しでも家計の負担を減らそうと多くの人が努力しています。
万が一の自動車事故に備えて加入している自動車保険は、自賠責保険も任意保険も料金に消費税はかかりません。
しかし、契約者が支払う保険料は非課税でも、保険会社が契約者に支払う保険金の内訳には課税対象となる項目が数多くあり、例えば保険を使って車の修理をすれば、部品や塗料、工賃といった全てに消費税がかかります。

そして、事故で怪我をした場合に保険を使って治療すれば、通院の為のバスやタクシーなどの交通機関の運賃に税金が上乗せされます。
これらによって徐々に経営は圧迫され、やがては保険料を値上げせざる得ない可能性が考えられます。

契約者としては、保険会社の値上げの動向を見守り、更新時に保険料が上がるようならば他社へ移る事を考えても良いのではないでしょうか。
基本的な補償内容はほとんど同じでも、保険会社によって保険料に2万円~3万円の差が出ます。

なぜこれだけ料金に差が生じるのかと言うと、保険料の内訳にあります。

内容を確認すると、事故が起こった際に保険金支払いに充てる純保険料の他、会社の運営費や人件費、営業コストに当てる付加保険料、保険会社から代理店へ手数料として支払われる代理店手数料から成り立っており、ダイレクト系の自動車保険は代理店手数料がない為、保険料が安く収まる傾向が見られます。

保険料の見直しの際は、まとめて見積もりが出来る一括見積もりが便利なので、活用してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ