自動車保険(車両保険)でおりる金額と評価額

自動車保険は、大きく分けると3種類の保険から成り立っています。
まずひとつは、人や物に対して与えてしまった損害を賠償するための保険で、2つ目は、自分や車に同乗している人の怪我を補償する保険、そして3つ目が車両保険です。
車両保険とは、自分の車の為の保険で、ガードレールにぶつけたり、壁や縁石等で擦ったりしたケースはもちろんの事、相手がいるという状況で車を事故した場合にも使える保険です。

自動車保険(任意保険)に加入していたとしても、契約時に車両保険を付けていなければ、自腹で修理しなければなりません。
保険料は車種や年式によっても変わりますし、また、契約内容によって補償範囲には幅があります。

例えば、自損事故を補償から外す契約や、二回目以降に事故を起こしてしまった場合は自己負担する金額を設定する事で保険料を割安にする等です。
この車両保険でおりる金額や、車の評価額についてはどうなっているのでしょうか。

対物賠償保険は時価額を上限としていて、車両保険は協定保険価格が保障されるというように決まっています。
この協定保険価格は、各保険会社共通の価格表を元に、年式・走行距離・仕様等を考慮して決められます。

そして、評価額とは、車種・年式・走行距離等に基づいて、保険会社が算定する車の時価の事です。

相手側がいる場合の損害は、損害を受けた側と、与えた側の損害に分かれますが、損害を被った立場の方は、当然車両保険を使って事故の補償を使う可能性が高く、一方、損害を加えてしまった側の場合は、対物賠償保険で補償を考えるため、つまり、全損となった場合は車両保険で契約した保険金額が支払われます。

つまり、車両保険に入っていれば、協定した保険価額は必ず保障される事になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ