自動車保険の選び方について

自動車を購入すると自動車保険に加入しなければなりません。
とは言え、様々な自動車保険の中からどれに加入すれば良いのか、判断に迷う事が多いのではないでしょうか。
なんとなく勧められるがままに加入してしまったり、安さだけで加入したり、入った時のままの条件で継続して更新していたりする人は多くいます。
実は、その保険が自分に合った条件でなかったり、もっと安くなる可能性がある場合も多く、損をしているかもしれません。

自動車保険の主な加入方法は、ネット等を利用した通信販売タイプ(ダイレクト系)と、担当者を通した対面式で加入する代理店タイプの2つに分けられます。

通信販売タイプでは、代理店手数料が保険料に入っていない分、代理店タイプよりも価格が安くなっていて、付加保険料の割安、ロードサービスの充実、契約対応や見直しなどの相談が早いといったメリットがあります。

一方の代理店タイプは、保険に詳しくなくても担当者が提案した内容に同意すれば簡単に安心して契約でき、更新や書類作成なども直接教えてくれる事が強みです。

代理店手数料以外では、それぞれの保険会社で採用している割引条件を自分に合うように上手く調節する事で、更に割安にする事ができるので、それぞれオリジナルの割引等級制度を確認するのもポイントになります。

どちらのタイプも一見同じ様な内容に見えますが、事故対応やロードサービス等が保険会社によって違うので、故障やトラブル時の対応、レッカー移動サービスなどを確認する事が重要です。

それぞれの保険会社により加入後のメリットデメリットがあり、選び方一つでかなりの違いがあるので、契約を見直してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ