自動車保険の料率クラスとは

普通車には、コンパクトカーからファミリーカー、セダンタイプからスポーツカーまで、そのタイプや排気量などは様々で、車種や型式によって危険度やリスクが異なります。
スピードの出る車は事故率が高い、高級車は事故の際の修理代が高いなどの違いがある為、車種や型式によって1から9までのクラス分けをして自動車保険料に差をつけたものが料率クラスです。

1年に1度見直しが行われる為、車種や型式の事故の頻度や保険金支払いデータなどからクラスが変われば、同じ車に乗っていても更新の際に保険料が上下する可能性があります。

車両保険、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険・搭乗者傷害保険と4つに分かれていて、それぞれにクラスが設定されています。

車両のクラスが高いのは車両価格が高いことや盗難被害が多いことなどで、対人・対物が高いのは事故の時に相手に被害を与え易いなどということ、搭乗者のクラスが高いのは事故の時に搭乗者が被害に遭い易いなどということです。

車両保険の型式別クラスの例では、トヨタRAV4のACA20W型は1、ホンダインスパイアのUC1は2、レクサスGSのGRS191は3、ニッサンアベニールのW10は4、スズキエスクードのTA52Wは5、トヨタカローラのCE100Gは6、ニッサンブルーバードのSU13は7、マツダセンティアのHD5Sは8、トヨタスプリンターのAE95は9となっています。

例え補償内容が同じでも、保険料はクラスが1つ違うとおよそ1.2~1.3倍の開きが生じる為、クラス1とクラス9とでは約4倍違いますので、車を購入する際にはディーラーや保険会社に確認しておくとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ