自動車保険の請求について

自動車を使っている方は必ず自賠責保険に入ることになっており、各保険会社が提供している任意保険はドライバーが任意で入る保険です。
万が一の交通事故に備えて入る自動車保険で、実際に交通事故が起きた場合は被害者が請求することになります。
一般の保険会社では加入者が保険会社に書類を提出しますが、保険会社によっては軽微な事故の場合は請求書を省かれる場合もあります。

また、大きな事故の場合は交通事故証明書が必要となります。
これは事故が起きたという事実を証明する書類で、事故の発生日時や場所、当事者の氏名といった記載がされています。

この書類は、警察に届け出を行った後に申請をすると各都道府県の交通安全運転センターにて発行されます。
保険を使う際に必要になりますが、通常は保険会社が取り付けをしますから自身で行う必要はありません。

もし自分で受け取る場合は、安全運転センターまで行かなくても、ゆうちょ銀行やウェブサイトで申請することが可能です。
さらに、示談の運びとなった場合は免責証書や示談証書などにも書くことになります。

保険の請求には色々な書類があり、事故の度合いにもよりますが、要求された内容やその状態によって必要な書類も変わってきます。
任意保険ですと、自身が加入している保険会社の指示の下に必要書類に記入して提出することになります。

交通事故は起こさず、出来るなら自動車保険の請求もしないのが何よりも一番ですから、運転は常に安全を心掛けて交通ルールは守るようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自動車保険

このページの先頭へ