生命保険会社が破たんした場合の扱いはどのようになるのか

生命保険に限らず保険に加入する場合には、その保険商品の保障内容や保険金額、保険料に着目して選ぶ方が多いです。
保険商品などをじっくりと調べてある程度の知識を得ると思いますが、加入を考えている保険会社が破たんした場合には、その保険がどのように扱われるのかということを調べる人は少ないでしょう。

破たんしてしまったら保障が引き継がれないのか、今まで支払った保険料はどのように扱われるのかが心配になります。
生命保険に加入している人をもしもの時のために保護するために機構が作られており、契約者は一定の保護を受けることができるように決められています。

日本国内で保険事業を取り扱うすべての保険会社を会員としており、破たんをした場合に契約者を守るために資金援助などの活動を行っています。

では、どのように救済されるのでしょうか。
破たんした場合には、その保険を引き継ぐための救済企業が現れるケースと現れないケースがあります。

現れるケースでは、保険を継続する形で保護機構から資金援助が行われ、現れないケースでは、承継会社に保険契約を継承するか、機構が自ら保険契約を引き受けるかどちらかの方法で保護が行われます。

現れても現われなくてもどちらのケースでも、破たんまでの責任準備金の90%までは保障されます。
責任準備金は、将来の保険金や年金、給付金の支払いのために積み立てられるもののことで、実際に支払われることになる保険金や年金などは90%以下になることもあります。

破たん時の財務状況に合わせて契約条件に変更が出てくる場合もありますが、破たんした場合でも一切保険契約が無くなるということがないことを覚えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ