ネットの生命保険では、人件費や店舗料を大きく節減している為、保険料が安くなっています

最近では、生命保険もネットを通じての契約が増えて来ていますが、これまでにあったものに比べると保険料が大体半分くらいとなっています。
テレビでも、見積りを比べて驚いているコマーシャルがよく流れますが、なぜこの様に両者の保険料に差があるのでしょうか。

その秘密は、原価がどの様な構成になっているかにあります。
従来の場合、保険料収入の6割程度が病気や事故等の際の保険料の支払に使われ、残りは保険会社の経費です。

ネットの生命保険では、通信販売の特徴である人件費や店舗料を大きく節減できる事をうまく利用して、経費の部分を大変少なく抑えています。
この様に書くと良い事ばかりの様に思われますが、契約の際に注意するべき重要な点が存在します。

それは、ネットを用いた生命保険の契約の際には、かなりの部分を自分自身の知識により、生保レディの様な支援者なしで判断を行わなければならない点です。

当然、多くの人に当てはまる様な事は、申込の際にもホームページ等に示してあると思いますが、少数にしか当てはならない様なケースで、また、申込者がそれに気づいていない場合には、大切な事を見落としてしまう場合もあると考えられます。

保険に関して問題が起きるのは契約からかなり時間が経った後が多く、従来の場合でもトラブルがよく起きていますので、申し込む際には、十分な知識を得て、また、自分自身の状況についてよく確認したあとで契約をする必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ