生命保険会社が販売している死亡保険について

生命保険会社が販売している商品のひとつに死亡保険が挙げられます。
この商品の特徴は被保険者が死亡したり高度障害になった場合に、契約時に設定した保険金を保険金の受取人が受け取ることができます。
保険期間は大きくわけて一定の年齢や年数までが保障される定期保険のタイプと、一生涯保障が続く終身保険のタイプになります。

定期保険のタイプは契約を途中で解約した際の解約返戻金が全く無いか、あってもごくわずかであり掛け捨ての商品である特徴が存在します。

終身保険は契約を途中で解約した際に解約返戻金があるので掛け捨てにはならないという特徴を持ちます。

定期保険と終身保険で保険金額を同じ設定にした場合、定期保険のほうが保険期間が一定期間であるため終身保険と比べて保険料が非常に安くなり、保険期間を短くすればするほど保険料を安くすることができます。

その為、死亡保険に加入する際は被保険者が一定の年数や年齢までに亡くなったり高度障害状態になった場合に保険金を受け取れるようにしたいのであれば、定期保険に加入するほうが良いといえますし、いつ被保険者が亡くなったり高度障害状態になっても必ず保険金を受け取れるようにしたいならば終身保険に加入するほうが良いといえます。

それ以外にも生命保険会社が販売している死亡保険の商品には健康状態に不安がある人でも加入できる場合がある引受基準緩和型の商品や、健康状態の告知が一切無く誰でも加入できる無選択型の商品などもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ