生命保険の定期保険では、更新時に保障金額を少なくできるメリットがあります

定期保険とは一定期間の保障をするという生命保険です。
例えば、生命保険の証券に定期特約10年と明記があれば、10年間の生命保障はありますが、それ以降は保障がありません。
ですが、契約を更新していくことにより生命保障が継続できます。

人のライフスタイルは、結婚や出産といった様々なイベントで変化がでますが、その度に保障は見直しをしたほうが良いと一般的に言われており、例えば、子供が産まれて考えることは教育費や生活費等のことを考えると思います。

契約者本人に万一があった時に遺族に残す保障が必要です。
定期保険での保障金額を終身保険で用意しようとすると、月々の支払いがとても高くなります。

ですから、子供が独立するまでの間と考えて、一定期間の保険を掛けるのがお勧めです。
定期保険の良さは、その更新時に保障金額を少なくできることにでもあります。

例えば、子供が幼稚園、小学校、中学校を卒業する度に学費の心配がなくなりますので、その分保障金額から差し引きすれば無駄が減ります。

大きい保障の保険に若い年齢で加入するというのは、月々の支払いが高くなり、支払いが困難になってきますから、一定期間の保険をかけることにより、大きな保障を用意しましょう。

人は年齢が高くなるにつれて健康面でリスクの割合が増加するため、更新時には金額が高くなります。
そこで、保険会社によっては、月々の支払いが60歳まで一定で、保障金額を年々下げていくという商品も用意されています。
こちらは更新時の金額を心配しなくて良いという点が嬉しいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ