生命保険に加入する場合、現在の健康状態、職業などを正確に告知する義務が発生します

健康な状態でない人や過去に既往歴のある人は生命保険に加入することが非常に難しく、加入が認められないケースも多いです。
もし加入できたとしても健康な状態の人に比べると割高な保険料を支払う義務があります。
これはリスクがあるからであり当然のことです。

では健康状態や過去の既往歴を知らせなければ加入できるのかというとそういうことではなく、きちんと知らせる義務が存在します。
生命保険だけでなくても医療保険でも加入の際には、現在の健康状態や過去5年などの既往歴、職業などを正確に告知する義務が発生します。

告知書に自署していく場合と自分で記入した書類と健康診断書をセットにして提出しなくてはいけない場合とがあります。
どちらの方法で行われるのかは保険会社や保険商品によって異なりますが、必ず保険会社に自分の健康状態などは伝えておかなければなりません。

申告された内容に基づき保険に加入できるのか、保険料の割り増しなどを特別条件として加入できるかの判断が行われるので非常に重要なことです。

もしきちんと申告しなかったり、嘘を伝えてしまうと保険契約から2年以内であれば保険契約が取り消されてしまったり、保険金や給付金の支払いが行われないなどのペナルティーが課されることになります。

もちろん取り消しとなり解約しても解約返戻金は戻ってきません。
最近では保険に関する法律が改正され、質疑応答形式での告知が増えていて、保険会社の質問内容に答えるだけで良いようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ