年末調整の際には、控除証明書をもとにで5万円までの生命保険料控除を受けることができます

会社勤めをしている方などの給与所得者は、11月中旬から11月下旬ごろになると勤務先から年末調整の書類に必要事項を記入して提出するようにと通達を受けることでしょう。
給料の中から毎月所得税が源泉徴収されていますが、1年の最後の12月に所得税が再計算され過不足なく徴収されるように調整されます。

年末調整を行うとき同時に生命保険に加入している人は保険料の控除に関する事項も記載して提出しなくてはなりません。
保険料控除を行うことで一定額の税金が戻ってきますので、忘れずに記入しておきたいです。

毎年加入している保険会社から年末調整の時期に入る前に保険料控除証明書が送られてくるので大切に保管しておき、書類と一緒に会社に提出する必要があり、また保険料控除証明書をもとに書類に必要事項を記入漏れなく正確に記入する必要があります。

控除証明書の中には、2つの金額が記載されています。
証明額と参考額で、証明額は証明書が発行されるまでに支払われた保険料の金額が示されており、参考額は12月までに払い続けることを前提に12月までに支払うことになる1年間の保険料が示されています。

解約や契約の変更などの予定がないかぎり、参考額を書類に記載することになります。
またこの控除では本人だけでなく、扶養家族の保険料も申告が可能です。

しかしいくら多くの保険をかけていても年間支払額が10万円を超えると一律で5万円までしか控除を受けることができませんのでそのことには注意しておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ