生命保険文化センターは生命保険の発展に貢献しています

生命保険文化センターは公益財団法人であって、その理事や評議員には大学の教授、大手生命保険会社の役員などがなっています。
その役割は数多くありますが、生命保険事業の発展に貢献しています。
一般の消費者に生命保険のことをよく理解してもらうことも役割の一つです。

啓蒙活動でもあって、生命保険の仕組みや商品の内容、必要性などを分かりやすく説明しています。
説明の方法としては、ホームページの他に各種書籍や冊子を発行しており、また、学校の授業などに講師を派遣して専門家の立場で説明するようなことも実施しています。

営利が目的ではありませんので、生命保険業界の発展と消費者保護などに心がけています。
様々な統計を発表したり、難解な保険用語を分かりやすく解説したりしています。

生命保険協会が生命保険会社の業界団体であるのに対して、生命保険文化センターは保険会社と消費者の双方にとって有意義な存在だと言えます。

消費者保護の観点で、保険契約の際の適切な説明、保険金の適切で迅速な支払などにおいても、消費者の立場で状況把握と情報の公開を行なっています。

一部のサービスは有料ではありますが、統計資料などは無料で公開しており、保険会社にとっても、消費者にとっても、便利で有益な存在です。

毎年の活動記録は冊子にまとめて公表されており、それを読むと生命保険業界の動向なども理解できます。
最近の銀行などによる保険販売についても解説されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ