生命保険の解約返戻金を利用した貯蓄方法について

生命保険会社の販売している商品には解約した際に戻ってくる解約返戻金がある商品もあり、上手く利用することで非常に貯蓄性のある商品になります。
保険料の支払いを一時払いにできる終身保険の場合は、保険料を一時払いで支払った数年後には商品を解約した際に戻ってくる金額が一時払いの保険料を上回り、商品を解約しない限りは解約した際に戻ってくるお金は年々増え続けていくので、非常に解約返戻率の高い貯蓄性のある商品であるといえます。

また低解約返戻金型の終身保険や、定期保険も年齢がある程度若いうちに加入して、保険料の支払いを短期払いにすれば非常に貯蓄性のある商品になります。

これらの商品は保険料の支払い期間中に解約した場合に戻ってくる金額を従来の商品よりも少なくしている代わりに保険料は安く抑えている商品ですが、保険料の支払いを全て終えた後は解約した際に戻ってくる金額がそれまでに支払った保険料の総額よりも多くなる場合が多いです。

低解約返戻金型の商品も解約しない限りは解約した際に戻ってくるお金が年々増え続けていくので一時払いの商品と同様非常に貯蓄性のある商品であるといえます。

そのため生命保険の商品の中でも保険料を一時払いにする商品や短期払いにした商品は最初から保障が欲しくて加入するのではなく、保険を解約した際に戻ってくるお金がある程度貯まったら解約するつもりで加入する人も多くいます。

家を購入した場合や子供の進学資金や結婚資金などまとまったお金が必要になった時に解約して戻ってきたお金を活用するケースが多くなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ