生命保険会社が販売している医療保険に特約を付加するメリットについて

生命保険会社が販売している商品のひとつとして医療保険がありますが、主契約以外に保障内容を手厚くすることのできる特約を付加することによって様々なメリットが存在します。
最近販売されている医療保険の多くは先進医療の保障を付加できる商品が増えており、付加することによって先進医療の治療を受けた際の実費を生命保険会社が負担してくれるメリットが挙げられます。

先進医療の治療は健康保険の適用外の治療であるため、治療を受けた際の費用は全て負担しなくてはならず、費用が高額になる場合があります。

特にがんに対する先進医療の治療である陽子線治療や重粒子線治療は、費用が非常に高額である為実費を自分で払うと大きな負担になります。

その為、医療保険に加入する際に先進医療の保障を付加しておけば、先進医療の治療を受けて高額な費用がかかっても安心できる点もメリットです。

それ以外にも医療保険によっては退院後に通院治療を受けた際に、給付金を受け取ることのできる通院の保障があるタイプも用意されています。

また、医師からがんと診断された際に一時金を受け取れるがんの保障や、がんや心筋梗塞や脳卒中になった際に一時金を受け取れる三大疾病の保障もあります。

そして女性特有の疾病になった際に、入院や手術をした際の給付金が増額される女性疾病の保障など、生命保険会社によって様々な商品が販売されています。
その為医療保険に加入する際は、主契約以外にも自分にとって必要な特約を付加することによって自分に適した商品を選べます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ