子どもができた場合の生命保険について

生命保険への加入や見直しのタイミングにはライフステージが大きく影響しており、子供ができたときもその機会とされています。
子どもができると出産後は忙しくゆっくりと生命保険について家族で話し合う時間はありませんので、出産前にできるだけ保険をどうするのかを考える必要があります。

産まれれば日常生活だけでなく、進学のたびに多くのお金が必要になります。
一人を出産から大学進学まで育てていくのには、場合によっては2000万円から3000万円ほどかかってしまいます。

まだまだ親元から離れることができない段階で、もし一家を支えている大黒柱に万が一の事態が起こった場合には子育てにかかる費用と残された家族が生活していくための費用が必要になってきますので、それを補えるだけの保障が付けられた保険に加入したいものです。

大雑把でいいので今後のライフステージを考えながら、子育てにかかる費用と自分たちの生活にかかる費用などを予測しながら自分たちに合う保障額というものを相談して決めておきましょう。

保障額を決めて行くうえで保障は大きければ大きいほど良いですが、大きくなるとその分保険料も高くなってしまうので、今後の収入がどのように変化していくのかも考えながら無理のない範囲で考えなければなりません。

もちろん現在の収入も考え、家計の負担となるような保険への加入は途中解約してしまう恐れがでてくるのでそのことに注意しながら、最低限必要な保障内容で考えていく必要もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ