生命保険会社としてトップクラスといわれるプルデンシャル

日本国内に生命保険会社は多数ありますが、国内の会社だけでなく外資系の会社も進出しており、たくさんある会社の中から自分に合った保険を提供してくれる会社を選ぶことができます。
その中でもトップクラスといわれるプルデンシャル生命保険株式会社は、アメリカ最大級のプルデンシャル・ファイナンシャルという金融機関のグループの一員で、日本には1987年に会社が設立されました。

トップクラスとして認知されている理由としては、契約の解約と失効率の低さがあり、業界でも特に低い割合となっています。

また、質の高い保険コンサルティングを志していて、ライフプランナーと呼ばれる営業社員のプロが、顧客ひとりひとりに応じていろいろな保険商品や特約を組み合わせて保険プランを作るオーダーメイド方式となっており、細かいところまでフォローしてくれるため、自分に本当に必要な保険を考えてもらうことができます。

さらに、この会社が日本で初めて取り入れた3つのサービスも人気を集めている理由です。

1つめは、いざという時に簡単な手続きですぐに保険金を支払ってもらえるサービスで、2つめは、余命6か月と診断されたときには、死亡前でも死亡保険金を受け取ることができるサービス、3つめは、それまでは治療目的の手術ではないので認められていなかった、骨髄ドナーが骨髄提供のために受ける骨髄幹細胞採取手術にも、手術給付金を支払われるようにしたサービスです。

これらのサービスは、現在ではほかの多くの生命保険会社で取り入れており、プルデンシャルが考案したサービスの良さが認められている証拠となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ