人生の節目には、早めに生命保険の見直しと相談がポイント

社会人経験のある人の多くは、何かしらの生命保険への加入経験があるはずです。
しかし、契約したことに安心してしまい、契約内容をしっかり熟知していることは少ないのではないでしょうか。
昨今、生命保険といっても基本的な死亡保険や生存保険だけではなく、一生涯保障の終身保険や、貯蓄性を重視した養老保険、病気などで働けずに収入が減ってしまったときの収入保障保険、子どもの成長と進学資金の支出に着目した子ども保険などがあります。

また、それらに特約をつけて、保険を自分型にカスタマイズすることも可能です。

これは消費者側からみると選択肢が充実するという点では喜ばしいことですが、それらすべての内容を認知し、吟味して保険を選ぶということは大変難しくなってきています。

そこでポイントとなるのが、誰に、どこで、どのように相談をするかということですが、もっと大事なポイントを忘れてはいけません。
それは、誰のために入る生命保険かということです。

もちろん自分のためではありますが、保険の加入や見直しを考えるのは、就職、結婚、子どもの誕生、家を買ったときなど、人生の節目が訪れたときではないでしょうか。

それは、すべて自分以外の他者との関わりによって起こる出来事です。
つまり、自分の人生はもちろんですが、自分の大切な人たちのことをも考えるということになるのです。

自分と大切な人の人生を委ねる保険を選択するのに、誰に、どこで、どのように相談をするか、そして安心できるかということを考えてみましょう。

現在、各保険会社のカスタマーセンターに電話やメールで問合せできるだけでなく、保険取扱代理店やファイナンシャルプランナーが無料でインターネットを通じでアドバイスも行っています。

一方で、大型商用施設に店舗を構える対面型の保険代理店も多くあります。
自分のライフスタイルや都合に合わせて、相談方法や窓口を選択するのが良いでしょう。

また、保険契約した時の担当者は一生の付き合いになるかも知れませんので、担当者との相性や信頼関係も考慮することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ