生命保険の死亡保障で大切なこと

家庭を持つ方であれば、結婚や出産などをきっかけに何か保険に加入しようと考えることがあるでしょう。
生命保険には、大きく分けると「死亡保障」「医療保障」「老後保障」があります。
その中でもさらに、それぞれ保障の期間が一生涯の「終身保険」や一定期間の「定期保険」、貯蓄性の高いものなどがあります。

これらをライフスタイルに合わせて組み合わせ、加入することができるのです。
特に一家の大黒柱の方であれば、死亡保障の加入者は多いでしょう。

生命保険の死亡保障は、「亡くなったらもらえる」と一概には言い切れません。
例えば、終身ではなく期間が決まっているものであれば、その保障期間内に亡くなった場合に保険金が支払われます。

当然、期間が過ぎてしまうと、保障を受けることはできません。
自分に何かあった時に、「何を目的として」「どんな時か想定をして」「どのくらいの金額が必要か」ということを明確にしながら選択していくとよいでしょう。

また、電話やホームページで保険の資料請求が可能な会社はたくさんありますので、比較しながらじっくり選択することもできます。
選択が難しい、または時間がない方には、さまざまな保険がある中からぴったりの保険選びを手助けしてくれる会社の利用をおすすめします。

専門のファイナンシャルプランナーが店舗にいれば、個別に中立な立場で相談にのってもらうことができます。
また、ライフスタイルというのは変わっていくものです。

加入後はそのままにせず、何年かに1度、もしくは生活に変化があった時には見直しをすることも大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ