生命保険の加入時に考えるべき保障額について

生命保険に加入するタイミングとはどのような時でしょうか。
一般的に、独身で働いている間は生命保険よりも医療保険の必要性の方が高いと言えます。
ですから、独身の間はそれほど高額な保障の保険に入る必要はないと言ってもよいでしょう。
しかし、結婚した時や、さらに子供が出来た時、また2人目の子供が出来た時というような順で、より高額な保障の保険の必要性が高くなっていきます。

つまり生命保険とは、本人のためではなく残された家族の生活の助けとなるように加入するものなのです。
当然ながら、子供の数が多くなればなるほど、その後の生活や教育の資金も多く必要となってきますので、より高い保障額が欠かせなくなります。

さらに子供が小さい間は、大きくなるまでの長い間の資金が必要なのに加え、配偶者も働きに出られるかどうかといった条件などからも、多くの保障が必要となります。

ですからグラフを作ってみるなら、最後の子供の誕生時が最も高い保障額が必要な時となり、その後は徐々に必要額が下がっていくのだと考えてください。

これを逆に考えると、子どもが大きく成長して独り立ちしていくにつれて、徐々にまた保障額も低くても良いということになります。

より経済性を求めるのなら、家族の年齢などに合わせて保障額を見直していくのが合理的だと言えるでしょう。

こまめに保険を見直して無駄な出費を抑えて、それぞれの家庭状況に合わせた保険を選ぶようにすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ