生命保険のひとつである定期保険に加入するメリットについて

生命保険会社が販売している、死亡保障がある商品のひとつに定期保険があります。
この商品は、被保険者が亡くなったり高度障害状態になった場合に、保険金受取人が契約時に設定した保険金を生命保険会社から受け取ることができる商品です。
保険期間が一生涯の保障がある終身ではなく一定の年数であったり、一定の年齢に達した時点で終了する特徴があります。

また、契約を途中で解約した場合の解約返戻金の金額が、終身保険の場合は掛け捨てではないのでそれなりの金額を受け取ることができますが、この商品は基本的に掛け捨てタイプの商品であるので、全く無かったり、あってもごく僅かの解約返戻金しか戻ってこない特徴があります。

これらの違いにより、支払う保険料は同じ保険金額の設定であれば、終身保険と比べて非常に安くすることができるメリットがあり、たとえば結婚していて、配偶者や小さい子供がいる人が万が一のことがあった際には、残された子供の教育費や遺族の生活費に大きなお金が必要になることが考えられます。

死亡保障のある商品に加入する場合は、少ない保険料で大きな保険金額を受け取ることができる商品である定期保険に加入しておけば、自身に万が一のことがあった場合に遺族が生活に困らなくて済むので非常に役立つと言えます。

保険期間は幅広い期間の中から選択することができますし、保険期間が短ければ短いほど保険料を安くすることができるのが大きな魅力の商品なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ