生命保険の見直しの際の解約ポイント

生命保険や医療保険の見直しは、結婚や出産といったライフイベントの時に検討すれば良いと思っている人は少なくありません。
保険の見直しは、加入中の保険の保障額が本当に必要かどうかを見定めるところからはじまります。
万が一の場合に手にする保険金が足りなくては困りますが、必要以上の額が保障される保険に加入をしている事は、貴重な毎月のお金を無駄に費やしているという事になります。

実際、多額の保険料を払い、必要以上の保障を受ける契約をしている人がほとんどです。

具体的な見直しで忘れてはいけないのが、トータルで万が一に備えるという発想で挑む事で、公的保障や勤務先の福利厚生、貯蓄も保険となり、それらだけではカバーできない将来の金銭的リスクのみ、必要最低限の保険で補いましょう。

ですから、現在の超低金利下で貯蓄性まで備える終身型の生命保険やアカウント型保険で、保険金額が100万円以下の場合は、保険を解約して貯蓄に回した方が良さそうです。

他にも、養老保険や学資保険は多くのケースで加入者の貯蓄をメインとしていながら、保障として特約である入院、傷害、死亡保障がセットになっている場合が多く、これら特約保険料が貯蓄を減らし、元本割れとなるケースも頻繁に見かけます。

その為、見直しの際に解約して掛け捨て型に新たに加入し、本来の目的である貯蓄を途中で諦めてしまう人も少なくありません。

しかし、外せる特約を全て確認し、特約を外した保険料と今後支払う保険料の合計、満期金を確認し、新たに入ろうとしている保険と検討すれば、見直しが必要かどうか分かりますのでぜひ実行してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ