生命保険を営業職員から加入するメリット

万が一の場合に備えて加入する生命保険の入り方は、保険営業職員から、保険代理店から、インターネットからといった方法があります。
昔は、職員からの勧誘で加入する方法が主流でしたが、現在では代理店やインターネットから加入する方法が多くなっています。
まず、保険会社の職員から加入するメリットは、電話一本で自宅や職場まで直接来てくれる事です。
他に、保険プランの提案から加入の手続き、保険加入後の実際の保険金請求やアフターフォローまでしてもらえます。

一方デメリットは、扱っている保険商品が基本的に自社商品のみなので、他社商品との比較は加入を検討する自分自身で行う事になります。
更に、正確なコンサルティングを受けられるかどうかは営業職員の技術によって違いが出てきます。

この事から、加入したい保険商品が決まっていて、加入後の面倒を見てくれる所を重視する人にはお勧めです。
ただし、注意しなければならないのが、短期間で退職する職員も多いので、数年後の見直しの際に辞めてしまっていないという場合があります。

そして、保険代理店での加入は店舗に行って契約する形で、特定の保険会社の商品のみ取り扱う専属代理店と、複数の保険会社の様々な商品を取り扱う乗合代理店の2つのタイプがあります。

専属代理店は保険商品が決まっている人向けで、乗合代理店は複数の保険会社から専門家と相談したい人に最適な方法です。
最後に、ネット保険と呼ばれるインターネットで生命保険へ加入する方法です。

インターネット専業保険会社のホームページから保険に加入する方法か、保険代理店が運営しているWEBに特化した保険販売サイトから保険を選んで契約する方法があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ