団体生命保険で将来への備えを充実させられます

団体生命保険はあまり知られていない言葉ですが、個人で加入する生命保険とは違い、文字通り団体で加入する生命保険の事です。
団体とは勤務先の会社などを表し、毎月の月給から保険料が差し引かれ、会社がまとめて保険料を納めます。
従業員が集団で加入する為、保険料が割安になりお得です。

中でも、団体定期保険は別名グループ保険とも言われ、全員加入団体と任意加入団内に細分化されるのが特徴で、Aグループと呼ばれる全員加入団体は多くの企業で導入されており、年齢や性別、勤続年数などで分類され、加入する従業員同意の元に生活の保障を目的とする保険です。

Bグループと言われる任意加入団体は希望する従業員のみが加入する保険の事で、集団での加入により事務的作業の効率化が図れるので経費削減につながり、割安な保険料が提供出来ます。

グループ保険は、1年更新の短期保険なので、保険料が割安でも大きな保証が得られ、ライフプランの変化に柔軟に対応出来ますが、若い時に加入して安かった保険料が、年齢が上昇すると共に値上がりするという事態も起こり得ます。

難しい言葉や決まりが多い生命保険ですが、何となく加入し、何となく口座から保険料が引き落とされているという状態では、いざと言う時に不安です。

自分自身の万が一の際にどれだけの備えがあるのか、現在の保障で足りているのか、改めて見直してみる事はとても大切なので、これを機会に確認する事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ