終身保険という生命保険に入る価値について

多くの人は病気や入院、或は事故や災害などに備え、これからの生活の保障のために生命保険に入っているのではないでしょうか。
大多数の人は将来の備えとして、貯蓄のような感覚で加入しているかもしれませんが、生命保険は一般的な預貯金とは違って、万が一の時に仮に積み立てた総額以上であっても、その時に必要な保障額を受け取ることが可能です。

生命保険の種類には死亡保障がされるものの他、医療保障や老後・貯蓄保証されるものもあり、その中でも死亡保障が付くものには定期保険や変額保険、終身保険が挙げられます。

特に終身保険は一生涯死亡保障が続く保険となっており、貯蓄機能もあるため、途中で解約しない限りは一生保障が続くという安心感が持てます。

またこの保険では、払い込み方法に一生涯支払いが続く「終身払い」と一定期間で満了となる「有期払い」がありますが、大抵は定年などの収入がなくなるまでの期間に払い込みを終了させる「有期払い」を選ぶケースが殆どです。

少子高齢化が進む近年では、公的年金制度について将来的な不安を感じずにはいられない人も少なくないでしょう。
そのような点から老後の生活資金を自分で準備するには、終身保険は投資信託の運用よりもリスクの少ない方法と言えます。

一方で、払込期間終了前に途中解約すると解約返戻金が支払った額よりも少なくなるといったデメリットもありますので、保険料の額は、払込期間が終わるまで払い続けられる金額に設定することも重要になります。

終身保険は他の金融商品とは違った機能があるため、目的が明確であれば加入しておく価値は十分あります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ