生命保険の契約形態で変動する税金

生命保険とは、病気や事故などによって収入が得られなくなった場合の生活保障制度です。
これは沢山の人が平等に保険料を出し、経済的に助け合う相互補助の仕組みで成り立っており、日本人の約90%がこの保険に加入しています。
元々は死亡保障としての意味合いが強くありましたが、需要に応じて医療や老後の保障にも領域が広がりました。

現在では、緊急事態の備えから人生を充実させる為の備えまで、色々な種類の保険があります。
生命保険に加入する時や他の種類に切り替えたい時は、どれが自分にとって必要か、資金はどの位必要なのかをよく考え、慎重に選んでいきましょう。

また、この保険は契約形態により税金が掛かるものがありますが、医療保険の入院給付金は掛かりません。
これは、疾病や不慮の事故で受け取れる給付金は非課税であると法律で定められているからで、就業不能保険の給付金も非課税の対象になります。

次の死亡保険金は、残された家族の生活保障の為に、相続人が受け取る場合の税金が低く抑えられています。
しかし、契約者や受取人の関係などにより税額が大きく変動するので、契約形態には注意が必要です。

そこで、税金が相続税になる様に契約者と被保険者を同じにし、受取人を配偶者か子供にする事をお勧めします。
契約者とは保険料を負担する人で、被保険者は病気や生死などが保険対象となっている人です。

まずは生命保険の基本や仕組みを理解し、どの種類や形態だと税が掛かるのかしっかりと把握しておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ