健康診断前日の食事が尿検査や血液検査の診断内容に影響を及ぼす為、注意して摂取する必要があります

健康診断は学校や職場で年に一度は行われることの多いです。
定期的に健診を受けるということは、自分の身体や体調をしっかり把握するためにとても重要ですし、普段忙しくて見逃しがちな身体からのサインに気づくためにも非常に役立ちます。

また、生活習慣病や癌など早期に発見し治療すれば、生命の危険までは及ばず改善することが出来るものもあるため、これらの病気や症状を出来るだけ早く見つけることはとても大切なことです。

健康診断の内容は、その学校や職場によって変わります。
勤務先などによっては、人間ドッグ並みに詳しいところまで検査してくれるところもあります。

大抵どこの学校や職場でも行われるであろう検査項目は身長、体重、聴力、視力、血圧、尿検査、血液検査、胸のレントゲン検査、医師による聴診や打診、問診です。

そして検査の内容によっては、前日の食事や運動がすぐに次の日の検査結果に反映してしまうものがあり、せっかく検査をするのですから、正確な検査結果を把握するためにも前日には気を付けておきたいことがいくつかあります。
その一つは、食事です。

前日の食事の内容は、特に検査時の尿検査や血液検査にすぐ反映します。
詳しく項目でいうと、尿検査では尿糖になります。
特に果物や野菜ジュースなどを摂取すると尿糖となって出やすいです。

検査直前の飲食を避けるように言われるのはそのためです。
また前日頃から水分摂取が十分にできていなかったり、仕事が忙しく過労であったりすると、尿検査で尿タンパクが陽性にでやすくなり、血液検査で影響されやすいのが中性脂肪で、前日に油の多い食事をすると急に高値を表すことがあります。

このように、検査項目の中には前日の食事等がすぐ影響してしまうことがあるので、普段の自分の数値を知るためにも健康診断前には注意しておくことが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康診断

このページの先頭へ