労働安全衛生法に規定されている健康診断

事業者が行うべき労働者への健診については、労働安全衛生法、略して安衛法という法律により、厚生労働省令で医師による健康診断を行わなければならないと規定されています。
また、違反した者については50万以下の罰金が科せられます。

安衛法に基づいて、第66条第1項の一般健診と第66条第2項及び第3項、じん肺法に規定されている特殊健診に分類されます。
一般健診には、安衛則第43条で規定され、すべての労働者が対象の雇入時の健診、安衛則第44条規定の定期健診も全ての労働者が対象です。

安衛則第45条の特定業務従事者の健診は、深夜業や高温作業など特定の業務に従事する労働者が対象で、安衛則第45条の2の海外派遣労働者の健診は、海外に6ヶ月以上派遣される労働者が対象です。

安衛則第47条の給食従事者の検便は、事業に付属する食堂または炊事場における給食に従事する労働者が対象で、安衛則第50条の2の自発的健診もあります。

特殊健診に分類される5つの健診は、第66条第2項前段の一定の有害業務に従事する労働者に対する健診で、じん肺健診、高気圧業務健診、電離放射線健診、特定化学物質健診、石綿健診、鉛健診、四アルキル鉛健診、有機溶剤健診、一酸化炭素中毒症健診です。

また、第66条第2項後段の一定の有害業務に従事したことがある労働者に対する健診で、特定化学物質健診、石綿健診もあります。

第66条3項の一定の有害業務に従事する労働者に対する歯科健診や第66条第4項の都道府県労働局長が指示する健診、通達で示されている健診があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康診断

このページの先頭へ