入社前に健康診断を行う理由と検査項目

なぜ、入社前に健康診断が行われるのでしょうか。
日本では、事業者は、常時使用する労働者を雇い入れる時には、当該労働者に対し、医師による健診を行わなければならないと定められています。
この法律によって、企業は労働者に、入社する時には健康診断を受けるよう義務付けたり、診断書の提出を義務付けたりしているわけです。
この健診をさせていないと企業は違反になってしまいます。

また、この健診結果で雇用者の健康を把握し、適正に配置する目安として実施するものでもあります。
この健診は、多くの企業において、新卒者の健康を確認するために欠かせないものとなっています。

大手企業などでは病院が指定され、その費用を負担してくれるところもありますが、実際には、会社が入社時に健康診断を行わないケースも多く見受けられます。

転職の場合や個人経営の小さな事業所に就職した場合は、健診を行わず診断書の提出を求められる事が多いようです。
診断書の提出を求められた場合は、それに応じなくてはなりません。

このような時は、自分で病院を選んで費用を負担し、健診を受ける必要があります。
この健診で一般的に検査される項目は次のようになっています。

既往歴の調査、自覚症状及び他覚症状の有無の検査、身長、体重、視力、聴力などの検査、胸部エックス線検査、血圧測定、尿中の糖及び蛋白の有無の検査、貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査です。

費用は健康保険が適用されないので1万円位かかります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康診断

このページの先頭へ