就学時健康診断ってなにをするの?

小学校に入学する直前に行われる健康診断のことを、就学時健康診断と言います。
健康に遊びなども含めて楽しい学校生活を送ることができるよう、学校保健安全法に基づいて、あらかじめ心身の状態を把握するために実施するものです。
小学校に入学する子どもがいるお宅には、秋ころになると各市町村より案内状が送られてきます。

身体測定、問診、眼科検診、視力検査、耳鼻科、歯科検診、知能検査などの診察項目があり、それぞれの教室を移動しながら受診するという流れになります。

それぞれの小学校の地域の専門医が担当しているので、安心安全です。
すべての受診が終わると、先生、親、子どもで、簡単な面接を行うこともあります。

子どものことで心配事があれば、相談できるきっかけにもつながります。
就学時健康診断の時期になると、ホームページなどで、これらについての質問が多くなるそうです。

それだけ、保護者の関心が高いといえるでしょう。
特に多い質問は、「転居の予定がある場合はどうしたらよいのか」や「知能検査ではどんなことをするのか」という質問です。

転居予定のある方は、各市町村の教育委員会や、通知書に記載されている小学校に問い合わせてみると良いでしょう。
知能検査の結果によって、就学に支障があると見込まれる場合は、就学指導委員会というところより、何らかの連絡が入ります。

これは、子どもにとって一番良い進路を選べるよう、話し合いや、どのような配慮が必要な子どもだろうかというのを、教職員に徹底させ、入学前までによりベストな指導をするために行われるものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康診断

このページの先頭へ