短い時間で健康診断を受けるなら、町の病院で

健康診断を受ける場合、考えることは時間とお金という方が多いでしょう。
定期的に会社から受けるように言われている検査の場合は会社が負担しますし、就業時間を利用しても何も言われませんが、自分自身の希望で受ける場合は別です。
どこかに結果を提出しなければならないからという理由の場合、全額自己負担になります。

肝機能や脂肪の血液検査や心電図が入っている、いわゆる法律で決まっている定期健康診査の内容を網羅した場合、最低でも7000円、高いところだと14000円という開きが出てきます。

病院によって価格設定はまちまちですが、それでも大きな総合病院ほど高く、小さな町のお医者さんほど安いという傾向はあるようです。
いつも診てもらっている病院で実施してもらえるなら、その方がリーズナブルではないでしょうか。

時間についても同様です。
総合病院になると、健診施設を別に用意している医療機関を除けば、通常の診察の間に検査を受ける人を挟んでいきます。

検査だけならば次々としてもらえますが、内科の問診が必要となりますので、そうなると長い列の順番に組み込まれることになります。

総合病院で考えるなら、半日仕事とみて良いでしょう。
一方、町の病院の場合、人気の病院でも総合病院ほど待つということはまずないはずです。

運よく他の患者さんがほとんどいない場合、30分もあれば検査が終了ということになります。
仕事帰りにちょっと受診という形も可能だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康診断

このページの先頭へ